”空へ夢を広げて” を広げっぺ活動
がんばれ日本人!! 日本人の使命はこれから始まる。
「世界は進むだけ進んで、その間幾度も戦争が繰り返され、最後に闘争に疲れる ときが来る。その時、世界の人類は必ず真の平和を求めて、世界の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。その世界の盟主は武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならぬ。世界の文化は、アジアに始まってアジアに帰り、それはアジアの高峰、日本に立ち返らねばならぬ。我らは神に感謝する。天が我らに日本という国を我ら人類に日本という国を造っておいてくれたことを」(アインシュタイン)


2003年 5月24日
空へ夢を広げて原曲(mp3file) 哀川憂紀作詞/naru作曲
がんばれ日本人!!
 
ひとりでも多くの日本人に、この曲を聞いてもらいたい。。。
この曲を日本中に広めて、日本人の心に、自信復活の種を蒔けたらいいな。。
なんて大それた事をと考えてます。ご協力お願いします。

上記を達成させる為の活動を開始しました。(5/24 2003年)
1、作詞の哀川憂紀さんに了解を得る
  ー> 哀川憂紀さんに連絡が取れ、了解を得ました。  naru5/24

2、空へ夢を広げてを唄ってくれる、女性ボーカルとアレンジしてくれる方を捜す。
  ー>下記のutl 三輪景章さんのぺージをみて聞いて感動!!
     そのutl中の益本裕子さんの”Amazing Grace”を聞いてまたまた感動し
     三輪さんにアレンジそして益本さんに”空へ夢を広げて”を唄ってくれないか
     メールにてお願いした所、快く受けて下さいました。 感謝!!
     どのような形になるのか楽しみです。
<三輪景章さんより、今後の予定を報告頂きました。>
下記の4名の方が”空へ夢を広げて”を唄ってくれる予定となってます。
すべてが完了すると1.ソウル風 2.アジア風 3.フォーク風 4.クラシック風の4種類の歌い方の「空へ夢を広げて」が完成します。私(naru)の夢も、空へ広がってます。。。。

三輪さんと4名の女性ボーカルの方々に感謝します。


第一弾依頼していた三輪さんアレンジ、益本祐子さんボーカルのmp3デモが出来上がりました。 
彼女はジャズ/ソウル歌手で、原曲を自由に(ソウル風)にくずして歌ってくれてます。

mp3デモを聞く−−>http://aea.to/Necomposer/sorae.html
                         
第二弾
(クラシック風)、エンゼルボイスの寺本みりさん。空をつき抜けるような美しい声で歌ってくれてます。
mp3デモを聞く−−>http://aea.to/Necomposer/SoraeJ.html

第三弾(アジア風)、京都在住の在日韓国人女性ムン・キジャ(文 貴子)さんが、原詩をハングルに翻訳し、語りかけるように歌ってくれてます。
mp3デモを聞く−−
http://aea.to/Necomposer/SoraeK.html

第四弾(フォーク風)、どこか懐かしい歌い方の飯野智恵子さんが、なつかしい響きで、子供の頃の心を蘇えらせてくれるようなやさしい波動で歌ってくれてます。 ー> http://sound.jp/chieko/contents.html (chiekoさんのHP)
mp3デモを聞く−−http://aea.to/Necomposer/Sorae4.html

<三輪さんのHP> http://sound.jp/necomposer/

3、もし、この曲が世の中に広まった場合、印税がたくさん入って来ることでしょう!!
  自分の分の印税で”何かいいこと” に使いたく、現在検討中です。 気が早いかな。。

 下記の様に、90歳を越える御身体にもかかわらず、藤本幸邦和尚が茨城にやって来てくれて、御法話頂き、感動致しました。和尚は日本の国民はアジアのために、そして世界のために貢献しようと呼び かけています。そこで、一食の度に一円でいいから円福友の会にお布施(寄付)を勧進しているのです。日本での一円はアジアでは大金です。和尚は今までにアジア諸国 に学校を何校も建ててきました。
 私も、微力ながら、和尚の力になれたらと考えています。恵まれないアジアの子供達の為に、学校をたくさん建てるお手伝いが出来たらいいなと考えております。それが将来の日本の為になる事と確信しております。

(藤本幸邦和尚紹介)
http://www.enpuku.com/ 円福友の会、藤本和尚のHPです。 new 9/12

(ふじもとこうほう)          〒338 長野市篠ノ井横田869番地  円福寺   рO262−92−0381

■1 食事をするたびに一円!!
http://www.avis.ne.jp/~anpie/japanese/org/org-50.htm

 長野県の円福寺(曹洞宗)の藤本幸邦和尚(右写真)は、円福友の会という組織をつくり、一食一円SABA運動を展開しています。
  SABAとは、仏教の教えで、お坊さんがお食事をするとき、ご飯粒を7粒お膳に並べ残りを頂き、7粒は小鳥に上げることだそ うです。和尚は日本の国民はアジアのために、そして世界のために貢献しようと呼び かけています。そこで、一食の度に一円でいいから円福友の会にお布施(寄付)を勧進しているのです。日本での一円はアジアでは大金です。和尚は今までにアジア諸国 に学校を何校も建ててきました。アジアの子供たちは和尚に合掌して日本の立派な僧 呂と仏に感謝しているそうです。

 

 
■2 はきものがそろえば心がそろい‥‥

 また、和尚は、長野で今までに600人以上もの日本の孤児を育ててきました。終戦時に上野で戦争孤児を拾ってきたことが始まりだそ うです。
  和尚は、はきものをそろえれば心がそろい、世界中の人の心がそろえば、世界法民の世になり仏国土が現れるという考えで、SABAスクールを開催しています。去る十一月二十一日、茨城県は北相馬郡利根町の五十嵐邸で、第一回SABAス クールイン茨城を開催しました。この日は地もとの有志の他、千葉や東京からも多くの方がかけつけ盛大に開催されました。

 

はきものをそろえる

はきものをそろえると
心もそろう
心もそろうと
はきものそろう
ぬぐときに
そろえておくと
はくときに
心がみだれない
だれかが
みだしておいたら
だまってそろえて
おいてあげよう
そうすればきっと
世界中の人の心も
そろうでしょう


 

よいたねをまこう

よいたねをまけば
よいはながさき
よいみがみのる
よいたねを
たくさんまこう
ちきゅうが
はなにつつまれ
みんなの
しあわせが
たくさん
みのるように
よいたねを
もっともっとまこう
いのちあるうちに
たくさんまいておこう


世界につくそう日本人『心の絵はがき』
http://www.okaten.com/kenbun/004.html    オカテン見聞録より

http://www.asuka.gr.jp/menu/magazine/greet01.html 藤本幸邦師法話Vol.1

4、長野の藤本和尚に了解をもらう。
  藤本和尚喜んでくれればいいんですが???

5、上記3のビジョンをもって、スポンサーを捜す計画です。 (売り込み開始)


Homeへ戻る